ブラウントラウト

2017年8月21日 (月)

久し振りの魚野川にてブラウントラウト

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

21014050_842257605942252_4392453578
8月に入り休日の度に利根川本流が増水と濁りで釣りにならず久し振りに出かけた魚野川でブラウントラウトが釣れました。地元の方の話では下流部を中心に偶に釣れることが有るようです。聞いた話では長野県梓川・犀川から千曲川・信濃川を下って繁殖しており中津川や清津川でも釣れると言う事です。また驚くことに降海しシートラウト化した個体の存在の話も聞きました。
20953189_841007329400613_3192927555
十数年前にホームとして通い込んだ事もある魚野川の現状は度重なる水害による治水工事と外来魚によって環境が大きく様変わりしておりました。春の雪代大イワナや夏の大ヤマメの良き時代の思い出が詰まった魚野川でブラウントラウトが釣れた事は複雑な心境です。最後に、久し振りに訪れ良条件の日では有りませんでしたが他に小さいヤマメやニジマスが適度に釣れ鮎の姿も見られ相変わらず魚野川は豊かな川だなと感じた事も事実です。
20915394_841007506067262_8695591769

2017年4月18日 (火)

中禅寺湖、ミノーでブラウン!

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
17917305_772978386203508_5107755220
先々週の中禅寺湖釣行最終日の夕マズメに友人がミノーで釣ったブラウンの事が忘れられず4月18日にリベンジしてきました。この日は降海型サクラマスが釣れ出した利根川の予定でしたが生憎の大増水で釣りにる状況ではなく心置きなく中禅寺湖へ。
Imgp0182_resize
ただし、出発ギリギリまで利根川の水位を見ていたため中禅寺湖の朝一の高活性な地合いには間に合いませんでした。しかし、信じられない事に友人の待つ空いたポイントへ到着後の第一投で36cmのブラウンが釣れました。これには自分と友人共に本当に吃驚でしたね。日も高くなり活性が落ちている時間な上に凄腕の友人が攻めた後でしたから。
17917354_776780352489978_4518324699
17991551_776780382489975_9731465165
その後は友人も帰り気持ち良い快晴の中でスプーンのボトムレンジの釣りに切り替えて尺位のレイクを2匹釣りそろそろお昼と言う時に「ドン」と大きなアタリが!強引なポンピングでファーストブレイクまで魚を誘導した時にドラグを引き出され根に入られ痛恨のフックアウトでした。
17991376_775969809237699_4000959924
Imgp0184_resize
思えば2年前の中禅寺湖生涯初釣行の時と同じ失敗を繰り返してしまいました。大きさはその時の魚程は無かったにせよ先々週の64cmのレイクと同等か大きいくらいの感触だったので残念です。またまた忘れられない次回へのリベンジの理由が出来てしまいました。
Imgp0204_resize
朝マズメを逃したこの日に一番期待していた夕マズメでしたが、入ったポイントは強風で波高が高くライズやワカサギへのボイルも無い状態でした。ボトムも探りましたがアタリすらありませんでした。やはりこの日は朝一から釣るべきでしたね。私と入れ替わりに午前8時に帰った友人は3時間でツ抜けしていましたから…腕の差もありますけどね(笑)

チェック

2017年4月 3日 (月)

中禅寺湖釣行でブラウン52cm、レイク64cm、57cm

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
Imgp2207_resize
4月3日、放射冷却により気温-6℃の早朝の薄暗い中のホンマスらしきボイルを直撃するも即バレ。気温が更に下がった日の出直前にボトムの釣りに切り替え52cmのブラウントラウト。
Dsc_0270_resize
午後は雪の吹き付ける中でロッドを振り続けましたがノーバイト。
Dsc_0272_resize
浅井精肉店の豚ロースカツ定食
Imgp2228_resize
4月4日、友人と合流しポイントも友人任せ。日の出直後に57cmのレイクトラウトを釣り、その1時間後に64cmのレイク。更に1時間後にもレイクトラウトらしき魚を掛けましたが手前のカケアガリでバラシ。
Imgp0014_resize
64cmのレイクトラウト
17637035_768515573316456_5402334359
午後は前日のブラウンポイントへ移動しブラウンを見かけましたが掛けるに至らず。
17796317_767747666726580_9185561148
ホテルコタンのポークソテー
Imgp0102_resize_2

チェック

2015年4月 6日 (月)

中禅寺湖初挑戦

前書き
中禅寺湖は観光では何度も訪れていますが実は恥ずかしながら一度も釣りをした事が有りません。釣り歴40年フライ・ルアーを始めて30年。一度はスポーツフィッシング発祥の地と言われる聖地で釣りをして見ようと思うのですが、今まで降海型のサクラマスと時期が重なるので中々足が向きませんでした。でも、昨年秋のブルーバックレインボーや先週のランドロックサクラマスをきっかけに、今年は湖に浮気も良いかなと少しだけ気持ちが傾きました。

Imgp4209_resize

利根大堰から見た男体山。その下の中禅寺湖にはどんな大物が居るのだろうか?

そして今日4月6日、利根川を中心に九頭竜から米代川遠征まで視野に入れましたが雨による増水のために全てで釣りなならない状況。凹んだ気持ちを払拭するために中禅寺湖に行って見る事にしました。昔からこの湖に付いては釣友達から色々聞いていますので頭でっかちになっては居ました。しかし、それは実釣とは別の話なのでそれを確かめるべく挑戦です。何事も新しい事はワクワクするものですね。

天候を確認するとこの日は午後から天候が崩れる予想。レイクは朝一勝負とも聞いていましたが早起きは苦手なので、天候の変わり目に全力で挑めるように体力温存のために朝マズメを捨てての確信犯です。

幸いなことにとあるSNSの友人が前日から中禅寺湖入りしており、朝マズメにレイクを一本獲ったとの連絡を受けました。本流のサクラマスならいざ知らず中禅寺湖は初めてなので迷わずにお邪魔することにしました。そこは足の不自由な私にとっても足場的にも良い場所だったのが幸いでした。

Imgp4332_resize

場所はイメージです

到着は9時。友人も朝マズメの1本以外当りすらない状況のベタ凪(笑)しかし、予報が当たれば正午頃から良くなるはず。それまでに底の状態を探るためにマシンガンキャスト。調査にはラインも流されず凪は持ってこいでした。調査中に何度かチェイスが有り一回は目前でヒットしましたが即バレでした。

正午頃に遠方の友人が帰ると言うのでヒットカラーを密かに教えて頂きました。その辺は私はプライドが無く節操が有りません(笑)手持ちの中に唯一同じ系統のカラーの物が一個だけ有ったので早速キャスト!シビアな底釣りの開始です。崖下を釣るような感じで丁寧に岩一つ一つで誘いを掛けながら巻き上げます。イメージ的には少年時代に良くやった生餌を使ったイワナ釣りと同じです。

半分くらい巻き上げた所で抑え込むような大イワナの独特なグネグネ感を感じました。固い顎に貫通させるため強烈に合わせを入れるとグネグネしながら湖底へ引き込みます。ドラグ設定が甘かったためかなり潜られてしまいました。ポンピングで掛かった位置くらいまで戻しましたが、時すでに遅く岩か木なのか分かりませんが動かなくなってしまいました。

Imgp4341_resize
その頃には友人も駆けつけてきてアドバイス通り暫くギリギリのテンションで待つことにしました。しかし、5分位しても変化は有りません。待ちきれない私は少しポジションを変えて煽ってみました。すると生命感がいきなり消えてルアーが外れて戻って来てしまいました。掛かりが浅かったのでしょうか良く分かりませんが完敗でした。ザイズ的には分かりませんが先々週に利根川で掛けた80オーバーの鯉よりもトルクは有りました。

その後は友人も帰り他の方もいなくなり広大なポイントを独り占め。ラインシステムをPE1号ナイロン5号からナイロン10lb.フロロ5号に変更。トレースコースは遠慮なくやり放題に(笑)解禁から攻め続けられてスレっからしになってるようで手前まで追ってきて、ブレイクに来て慌てて反転し水面に姿をさらす奴まで居ます(笑)でもデカくないなぁ贅沢言えないけど。この状況は普段は砂漠のような所でサクラマス釣りをしている私にとっては夢の様な状態です。魚影が濃くてウハウハです。釣れないけど。

追っては来るのだからコースとラインシステムとルアーはマッチしてるようなので、様々な事をやって最後は結局オーソドックスなやり方でブラウンとレイクをヒットさせ無事ランディング。もっとも38cmと50cmだったので正直に言うとファイトはちっとも楽しめませんでした。しかし、初めて手にする中禅寺湖の魚達なのでそれには大いに感動しました。初めて手にするレイク本当に嬉しかったです。姿さえ見ぬままに終わった大型への序曲としてその姿は記憶に刻まれました。

Imgp4353_resize


Imgp4378_resize1





私は今までサクラマスバカでしたがレイクトラウトも違った魅力が有りますね。でも容姿だけで言ったらサクラマス最高!!なのは変わりません(^^;
しかし、何時かは今日やられたレイクを釣ってはみたいですね。これからは二足の草鞋を履くことになりそうです。帰り道、神戸の花桃をみてたら大物バラシた凹んだ心が少しだけ癒されました。

Img_3570_resize


Img_3574_resize


Img_3591_resize


Img_3596_resize

チェック