利根川

2017年11月21日 (火)

群馬漁業協同組合 冬季ニジマス釣り場

Imgp0021_resize

 
神流川冬季釣り場の翌日はルアーロッド持って「群馬漁業協同組合 冬季ニジマス釣り場 後期」へと行って来ました。9月の利根鱒以来二ヶ月振りの利根川本流での釣りです。この日は前橋1.95mと多少は減水しましたが強くて冷たい北風に工事の影響による濁りもあり釣れる要因はありませんが、取り敢えず券を買って台風21号通過後のポイントの変化の下見を兼ねての釣行です。事故的に釣れてしまう可能性も有りますし(笑)
 
昨日の神流川冬季釣り場でのハコスチに鑑みるに定位するピンポイントに有利なポジションから極微速度なスイング或いは目前でストップさせれば口を使いそうですが、自分には立ち込みに制約があり流れの太い利根川本流ではそれが出来ずに厳しい状況でした。それどころか前橋1.95mでは中洲への渡渉も出来ず釣り座が限られ苦戦。昨日の神流川でハコスチに人気の有った色をルアーに塗って万全を期したつもりでしたが…
 
この時期に毎年見られる鮭の姿やヒカリ達のライズも皆無でなんとも寂しい下見に終わりました。群漁公式ブログではこの日の釣果報告0尾とありますが、こんな状況の日でも釣る方はしっかりと釣るでしょうからこれは下手糞の言い訳で、このエリアには利根鱒シーズンでも数回程度しか行かない自分の引き出しの少なさを痛感しました。今年6月に外道で釣れた60cm一昨年の試験放流での爆釣に少々ハコスチを舐めていたかもかもしれません。
 
次回は条件の整った時に行って見ようと思いますが、寒いので利根鱒シーズンみたいに力が入りません。それでも神流川冬季釣り場みたいに釣果が熱ければ別なんですけどねぇ。それには河川規模を比較し10倍は放流しないとダメでしょう。神流川2,000円に対して利根川群漁3,000円、漁協の規模や資金にもよるので単純比較は出来ませんが難しい問題でしょうね。本流と渓流と言う違いがありファン層も異なると思いますが、あくまで釣堀としての個人的な意見としては神流川のコストパフォーマンスの良さに軍配が上がります。
 

2017年9月 4日 (月)

利根川の秋サクラマス

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

9月4日、利根川本流上流域にて、

Imgp0103__resize

秋色に染まったサクラマス48cmと出逢いました。
Imgp0117__resize
サトウオリジナル アンサー6g、PE0.6号、リーダー8ポンド
Imgp0100__resize
私は利根川のサクラマスと表現しておりますが利根川では利根鱒、トネマス、トネ鱒、とねます、とね鱒、利根ます、利根マス等と呼ばれております。

2017年8月23日 (水)

渓流で岩魚釣り

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

20989257_842063939294952_6574829803

21083052_842063959294950_7661655285

2017年8月 7日 (月)

利根川夏ヤマメ

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

Imgp0061__resize

増水と濁りを避けて利根川本流上流にて夏色の山女。

2017年7月24日 (月)

利根川の夏サクラマス

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

Imgp0091_resize

7月24日。梅雨の戻りのような雨の中で2本のサクラマスと出逢うことが出来ました。なお、1本目40cmはミノーを咥えた写真を撮ろうと石の上にネット置いてカメラを出そうとしたときにフックがネットに絡まりサヨナラしましたので未撮影ですが2本目47cmよりも婚姻色の濃い記憶に残るサクラマスとなりました。

Imgp0082_resize

思えば2週間前の10日にそのポイントで石に巻かれラインブレイクし、1週間前の17日にはフックが伸ばされ辛酸をなめたので、この日は準備を万端に整えてリベンジに挑みました。この間の2週間大きな出水もなく推測ですが魚がそのポイントから遡上せず、また激戦区の利根川で釣られずに残っていた事に感謝です。

Imgp0085_resize

綾戸ダムの魚道を越えて遡上する事を願いリリースしました。

Imgp0069_resize

ブローチとペアリング(笑)

Imgp0102_resize

また、サクラマスの他にも銀毛した戻り系のヤマメやパーマークがハッキリしたヤマメの数釣り、おまけに放流イワナ等が釣れたりとこの時期の利根川は賑やかで楽しいですね。

20116775_823420137825999_801981856219875147_818996631601683_910507853519679126_815541915280488_6175855330

そして超弩級の真鯉も楽しませてくれます!

Imgp0041_resize_2
私は利根川のサクラマスと表現しておりますが利根川では利根鱒、トネマス、トネ鱒、とねます、とね鱒、利根ます、利根マス等と呼ばれております。

2017年5月 8日 (月)

2017年利根川サクラマス

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

18402796_785543934946953_4273433419
5月8日、雪代増水で濁りの入った利根川で今年もサクラマスに逢えました。休日釣行のみで条件を選べない中でのラッキーな一尾でした。

18300889_785543908280289_6549635775
透明度40cm程度でゴミが流れる中での釣りに苦労しました。こんな悪条件でも釣り方を工夫すれば釣れるのは過去の経験から知っていましたので諦めず投げ倒しました。

1485975118_14
ヒットルアーを肴に祝杯!

18401906_786704501497563_6634871130

私は利根川のサクラマスと表現しておりますが利根川では利根鱒、トネマス、トネ鱒、とねます、とね鱒、利根ます、利根マス等と呼ばれております。


2017年3月27日 (月)

利根川に春を告げる使者「戻りヤマメ」

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

17504296_764170353750978_9011004150

最近は野暮用で釣りに行けない日々を過ごしておりました…

17504245_763816867119660_1741786430
そんな時は物欲で解消です(笑)私は今までアクセサリーを身に着ける習慣が無かったのですがリアルな美しさに思わず購入。フィッシュマニアさんのトラウトブローチシリーズのサクラマス早春タイプと6月カラーです。私的にはギンピカのフレッシュも捨てがたいですが6月の薄らとピンクが入り始めたサクラが一番好きです。

2017033101
閑話休題。

そんな忙しい日々の3月27日。買い物序での30分の釣りで利根川にて尺ちょっとの「戻りヤマメ」が釣れました。私の知る範囲では昨年の利根大堰下流大減水の影響なのか今年は数も少なく釣れた話はあまり聞いていませんでした。そんな厳しい状況の中で昨年同様に今年も3月に春の使者に出逢う事が出来たラッキーな一日でした。

17424655_763816680453012_4444409750

他にもバラシやアタリが有り群れで上流を目指していた様な感じでしたから、今回のプチ増水がこのタイプの魚達の遡上スイッチを入れたのかもしれません。小さくてもランドロックサクラマス的な特徴を持った「戻りヤマメ」の美しさは格別です。これから始まるであろうより大型の利根鱒とも呼ばれる降海型サクラマス達の遡上にも期待ですね。

17499097_763816923786321_87464420_217499332_763816810452999_82481535_217499310_763816750453005_2959936450

チェック

2016年9月 6日 (火)

9月6日利根川本流

今年は毎週のように台風の影響でまともに釣りをすることが出来ません。渇水か増水か極端なシーズンです。また、今年の利根川本流上流域では遡上魚の話題も殆ど聞くことが有りません。このままシーズンを終える事になりそうです。9月12日追記、先日の記録的短時間豪雨の影響で上越線が不通になるなど大きな被害が出ました。利根川本流にも多くの土砂が流れ込み泥が堆積していました。私の利根川のサクラマスシーズンは終了です。

Imgp0362__resize
Imgp0397__resize

2016年8月25日 (木)

7月と8月

7月・8月は野暮用が多くあまり釣りに行けませんでした。

それでも暇を見つけては涼を求めて野反湖へ行ったり、
2016082503p
源流でドライフライのイワナ釣りをしたりとそこそこ楽しむことが出来ました。
2016082501p
利根川本流は相変わらず渇水による高水温で大物は釣れませんでしたがヤマメ達は元気一杯でした。
2016082502p

2016年6月 7日 (火)

尺ヤマメと戻りヤマメ

阪東漁協にて6月6日パーマークの残るヤマメ31cmと群馬漁協にて6月7日戻りヤマメ34cm。

Imgp1245__resize
Imgp1308__resize