ニジマス

2016年12月 5日 (月)

赤城フィッシングフィールド

15326069_705142629653751_8236957320

サクラマスに逢いに赤城フィッシングフィールドに行って来ました。最近はサケやハコスチ等の豪快な釣りが多かったので久し振りのフライでの繊細な釣りは楽しかったです。釣果の方はサクラマス9匹、イワナ3匹、ニジマス2匹と難しいと聞いていた赤城フィッシングフィールドで初めてとしては楽しめたのかな?ここは養殖の割にはヒレピンが多いのも良いですね(^^)ただ…濁りがキツくて魚はスレまくりと言うのが正直な感想です。

59246608_2237303832_57large

本能に訴える釣り方でサクラマスを狙い撃ちしました。

15326097_705142802987067_3529748751

おまけ。関東平野の夜景は綺麗ですよ!

15384379_705449429623071_2997118449

2016年11月 7日 (月)

上野村漁業協同組合神流川オフシーズンニジマス釣り場

14939966_690606924440655_6854269438
Imgp0968__resize

2016年11月 7日(月)に上野村漁業協同組合神流川オフシーズンニジマス釣り場へ行って来ました。釣果はハコスチ(オス2匹/メス5匹)最大58cmと普通のニジマス30~40cmが若干でした。よく走りジャンプするその性格は楽しい釣り味でスリル満点です。ハコスチとは群馬県水産試験場が作出した遊漁用のニジマスの事です。

しかし、相変わらずバラシが多くラインブレークも1回と自分の下手糞さ加減には呆れました~(>_<)でも、利根川本流と違って綺麗な景色の中でサイトフィッシングで狙える渓流のハコスチも面白くて魅力的です(^_^)

ただ、渓流に放流されたハコスチの引きは川幅と水量豊富な利根川本流に比べ釣り方とタックルが違いますが弱いような気がしたのも事実です。浅い場所に入るとジャンプしたがる点は共通に感じました。でも渓相の違いを考えれば十分なファイトです。

また、先週のサケ釣りと比べてライトタックルな分を差し引いて同じ様な感覚で楽しめたのも事実です。気軽に楽しめるパワーファイトは魅力があり来シーズンに向けた練習やタックルのシステムチェック等に最適ではないでしょうか?

C&Rに加え土日後なので魚は相当学習しておりティペットやフライを見切って追ってまで口を使わないので、正確にフライを定位している目前に流さなければならずゲーム性も高く面白いと感じました。透明度が高くフライを喰うまでの瞬間を一部始終見る事が出来るので流し方の再確認にもなりとても勉強になりました。

最後に…

釣り用に開発されたと言うハコスチなのでその釣り味や以前に行った利根川との比較を中心に書きましたが、ハコスチを抜きにしても「上野村漁業協同組合神流川オフシーズンニジマス釣り場」は景観も良く歩きやすいので気に入りました。何より燃えるような紅葉の中で釣りが出来るのは至福の時間です。

使用タックル、ロッド9ft5番、リーダー3X7ft(実質5ft)、ティペット4X(4ポンド、1号)6ft

※あくまでもハコスチの判断は経験からの私感なので悪しからずm(__)m

※昨年の群馬漁業協同組合冬季ニジマス釣り場利根川本流での試験放流の記事

今回の最大58cmハコスチのオス。こいつはスレ具合とファイト共に強敵でした。

14991398_689624077872273_8656428015
下の写真は昨年に利根川の試験放流で釣った同サイズ程度のオス。オスは顎が出て目が若干後ろなのがハコスチの特徴でしょうか? 尾鰭の付け根の太さは共通ですね。ルアーフィッシングにてPE0.8号、リーダー3号
Imgp0257_resize1
今回ハコスチのメス最大は未計測ですが二瀬下られました。
15016314_689624107872270_2049380058
鱗が剥がれやすいタイプのメスも釣れました。昨年の利根川の試験放流ではメスはこのタイプが多かったと記憶してます。
Imgp0934_resize
下の写真は昨年に利根川の試験放流で釣った同タイプメス。共通して尾ひれの付け根が太いですね。
Imgp0250_resize1_3
狙ったスジを外すと普通のニジマスも釣れてしまいます。タックルがオーバーなので同サイズのハコスチと比べファイトは秒殺です(^-^;
30-40cmの普通のニジマスには3番ロッドに6X程度が丁度よいのですがハコスチが掛かるとこちらが秒殺されてしまいます。上手な方なら大丈夫なのでしょうね…
Imgp1020__resize
リールファイトは楽しいですね~(^^)
14940125_689624031205611_7319990100





2016年10月 4日 (火)

野反湖のブルーバックレインボートラウト

今年も野反湖のブルーバックレインボートラウトと出逢うことが出来ました。昨年のC&R解除より魚影が薄くなった感は否めませんが姿を見る事が出来て満足です。

14500483_671480803019934_6049100002
14542455_671480829686598_2736838059
小さなブルーバックの姿も確認出来ました。
14560208_671481343019880_3735701472
今年の紅葉は遅れており落葉も多く期待できないかもしれません。
14543836_671480876353260_3050631801
14570802_672045909630090_7573876130

2016年8月25日 (木)

7月と8月

7月・8月は野暮用が多くあまり釣りに行けませんでした。

それでも暇を見つけては涼を求めて野反湖へ行ったり、
2016082503p
源流でドライフライのイワナ釣りをしたりとそこそこ楽しむことが出来ました。
2016082501p
利根川本流は相変わらず渇水による高水温で大物は釣れませんでしたがヤマメ達は元気一杯でした。
2016082502p

2015年12月21日 (月)

利根川の新顔「箱スチ」で釣り納め

Imgp0233

利根川本流冬季釣り場跡に通常の養殖ニジマスと比べて引きが強い「箱スチ」が試験放流されたので行って来ました。釣り味は確かに放流直後のニジマスとしては強く押しの強い利根川本流でワイルド化したニジマスには及ばないものの肉薄すると感じました。

また、同じ冬期釣り場の通常放流魚60cmクラスに比べた場合は圧倒的に強いです。今回釣れたサイズは50-55cm程度でしたが今後に鰭が回復して本領を発揮した場合、圧倒的な押しの強さを誇る春先の利根川本流での釣りの楽しみが増えました。

利根川本流冬季釣り場跡については群馬漁協のホームページを参照して下さい。http://gunmagyokyou.blog.fc2.com/

※群馬漁協では「箱スチ」と「ハコスチ(仮称)」が並記されています。

箱スチについては群馬県庁のホームページを参照して下さい。http://www.pref.gunma.jp/06/f0100359.html

2016年2月4日に正式に「ハコスチ」として商標登録されました。

Imgp0250_resize
Imgp0257_resize
Imgp0247_resize


私はニジマスを釣り慣れて居ませんので語る資格は無いですが、利根川本流でヒレの回復したワイルド系ニジマス53cmと「箱スチ」と阪東子持冬季釣り場で釣れた60cmのニジマスとを並べてみました。素人目に見ても明らかに尾びれの元の太さと長さが違いますね。大きさは小さいですがパワーは雲泥の差があるのも頷けます。※どちらも流れの有る本流域なので単純に比較は出来ません。


Imgp1965_resize 2015122401

2015年10月19日 (月)

犀川初釣行

犀川初釣行。以前1時間程竿を出したことが有りますが今日は初めて1日のんびりと犀川で釣りをしました。結果は小さいニジマスしか釣れませんでしたが犀川のニジマスに初めて会えたので自分的には満足です。跳ねてたブラウンは見なかった事にします(T_T)

それにしても平日なのにそのハイプレッシャーぶりに驚きました!犀川を良く知る人に聞いたらそれでも今日は少ない方だそうです(^^;右も左も分からない単独釣行の私はポイント難民になってしまいました(笑)

12144941_523773494457333_3452313120

12107087_523773541123995_1841322770



2015年7月27日 (月)

野反湖

連日の猛暑のために天空の野反湖も朝から表層水温21℃超!
タフコンディションで苦労しましたが小さなブルーバック達にも逢えたし涼しかったのでブルーな気持ちも和らぎました(^^)

11796178_494466950721321_9068347180


11215762_494466987387984_1432406614


2015年1月 5日 (月)

初釣り

今年の初釣りは管理釣り場のサクラマスか利根川か迷いましたが、初釣りはやっぱり釣れても釣れなくても本流でしょうということで利根川へ出かけてきました。

日が昇り暖まる時刻に合わせて自宅を出発。青空を見上げればCH-47Jチヌークの編隊が飛行中…

Imgp3239s_resize1


ならば一投目はやっぱりこれでしょう。
Imgp3202s_resize_2昨年の活躍ぶりから後光が差して見えます!Imgp3207s_resize1


3.4℃マジですか…壊れてないよね?Imgp3218s_resize1


少しでも水温の高い所へ場移動。しかし、この水温でも厳しい!Imgp3241s_resizeあの手この手で何とか釣れました。初釣りはチーヌクで釣りたかったけど背に腹は代えられませんね。Imgp3229s_resize_3この時期にしてはグッドコンディションのニジマス36cm。小さいながらもジャンプを繰り返しドラグも引き出して元気にファイトしてくれました。やっぱり押しの強い太い流れの中での釣りは最高!ここでサクラマスとファイト出来る季節が待ち遠しいですね。Imgp3234_resize一匹釣れたので早々に釣を切り上げてその後、顔見知りの監視員さんと情報交換しお土産まで頂きました。しかし、監視員さんから聞いた新規ポイント開拓中に愛車がスタックし倒木を活用し何とか脱出に成功するも勲章がまた一つ増えて愛車共々凹みましたorz

チェック

2014年11月 4日 (火)

11月4日阪東・子持冬期釣り場(番外)

「14ステラC3000」&「Rayz RZ87H SAKURA」による初ヒットはニジマス40cm。

Imgp2571

11月4日阪東・子持冬期釣り場(番外)

「IOS Cシステム カーディナル33」&「カーディフX66L」による初ヒットはニジマス61cm

Imgp2546

より以前の記事一覧