釣り

2018年10月 8日 (月)

小川サケ有効利用調査

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

Img_6347_resize 
10月8日。調査が始まって3日目の小川サケ有効利用調査に参加してきました。調査結果は私が雌4尾で最大75㎝。父が雄2尾/雌2尾で最大78㎝でした。小川の調査規則はキープが雄3尾で雌は漁協に提出でありC&Rは禁止なので、捌くのが面倒な私としては雄が釣れなくて良かった様な残念な様な複雑な気分でした😅
 43274534_1095266970641313_365058048
 
なお、調査員全員(12人)の公式調査結果は雄10尾雌11尾の計21尾で、初日の3尾や2日目の4尾に比べれば多いですが、全体的に遡上が少なく釣果はポイントによりばらつきがありました。最後に、監視員さんや他の調査員さん、そして見学に来て下さった方達との談笑もあり有意義で楽しい調査でした😁
 
Imgp0010_resize
 
ファーストヒットはアンサー20g、HRP(シルバーベース)。でも、実はアンサー20g、A3(シルバーベース)ピンクのサーモンリグを付けたものが好調でした。
 
Imgp0016_resize
 
75㎝の雌。雌は監視員さんが直ぐに取りに来るので撮影してる暇が殆ど有りませんでした。
 
Imgp0028_resize  
今日一別嬪さん!
 
Imgp0032_resize 
この1尾だけ監視員さんが帰った後だったのでリリースしました(監視員さんの了承済みです)
 
Imgp0013_resize
 
Imgp0024_resize
 
親父の釣った雄。
 
Imgp0005_resize 
この支流の流れ込み下からが釣り場です。上流に見えるのは簗です。
 
Imgp0004_resize 
流れが有るが単調でフラットな流れ。鮭はらず一気に通過する模様です。
 
Imgp0002_resize 
下流に見える三角テトラから河口までの間にサケが溜まりやすい様です。当日は高波で河口から50m位が危険として閉鎖になり午後2時より上流の簗まで調査区間が延長されました。

2018年10月 2日 (火)

野反湖

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

42913848_1092101130957897_807936395

 

台風一過の晴天に朝焼けに染まる富士山を狙いに野反峠へと撮影に行って来ました。この峠に立つと釣り師なら誰しも野反湖に目を奪われてしまい、登り詰めてきた峠道を振り返えると富士山が見えるのをご存知の方は少ないでしょう。この日は好条件に恵まれ無事に撮影出来ました。ここから富士山までは直線距離で150kmもあり晴天率も低く虹鱒を釣るよりも富士山を見る事の方が難しいかもしれません。

 Img_6286_resize

 

もちろん富士山の撮影が終わってからブールバックレインボーを狙い野反湖へ。釣りには台風の影響で濁りが入り吹き返しの風もある悪条件でしたか近年放流されるようになったハコスチが釣れました。それにしてもC&R解除以来ブルーバックレインボーは私でも行けるような気楽なポイントでは年々釣れなくなり今年は稚魚も見掛けなくなりました。また、魚を持ち帰る方も多くなりハコスチ等も放流後数日で殆ど釣り切られてしまい定着しないようです。

 Img_6317lr_resize

 

当日に入ったポイントからは見える範囲に8人程の釣り師が居ましたが、私以外で竿が絞られている方を見る事がありませんでした。ルアー&フライはともかくとしてブッコミの餌師でも釣れないとなると悪条件を差し引いても放流魚の残りが少ないと考えられます。聞いた範囲では残った放流魚もスレてルアーへのアタリもショートバイトでバラシた方が多い様でした。

 

Imgp0020_resize

 

愚痴が多くなりましたが野反湖の素晴らしいロケーションの中でブルーバックには会えずともハコスチが釣れただけで今回はラッキーでした。もう少し水が落ち着けば紅葉の中で良い釣りが出来るかもしれません。

2018年9月24日 (月)

2018年県外遠征

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

群馬県内の河川が禁漁を迎えたので単身でも日帰りが出来る河川へと出かけてきました。とは言え三連休の最終日とあって何処の河川へ行っても先行者の姿を多く見かけます。今釣行の条件とも合致し過去の経験に基づいた確信部を数河川釣り歩きます。

ここまで小河川で秋らしい色付きの9寸までの山女魚を飽きる事の無いペースで釣りながら行きついた河川は3年前に大ヤマメを釣った本命の本流河川。何故、この河川を最後に回したのかと言うと3年前に大ヤマメを釣った時刻に合わせたからです。気象条件や水量もほぼ同じ。つまり時合を合わせた釣り。と言えばカッコ良いですが単なるゲン担ぎとも言えます。

2018092901_2

【流しにくいボサの際にはそこそこのサイズが残っていました。】

余談になりますが利根川のような本流域の大場所においては時合が重要であり、先行者の後でも時合がくれば容易く大物が釣れる事を経験しています。それどころか自分自身の同じ釣り方でも時刻をずらし釣った事さえ多々あります。この地合いを知るのは経験のみです。付け加えれば大物ほど付場が一日の内で変化したりする事が多々あります。

更に関東近郊のハイプレッシャー河川においては常に先行者が居るので、それを気にしていたら釣り自体を組み立てることが出来ません。また、私が釣行する月曜日は土日に散々叩かれていることが殆どです。むしろそれを考慮した攻略法を練るのが自然な流れです。それは今回の遠征先とてシーズン末期の三連休最終日ともなれば同じ事だと言えるでしょう。先行者の釣りを観察し時には会話をする心の余裕も必要です。

閑話休題

先行者は長竿を振る本流師が一人。実は私も以前に本流延竿の釣りをしていました。暫く釣り方を観察した後に現在の水量では長竿とは言え攻め切れていないポイントも多いはずと判断しロッドを6.6ftから8.2ftへとチェンジし少し離れた下流へとエントリー。駐車してからさほど歩かずに目の前にはいかにも遡上時期の山女魚が止まりそうなポイント。10m超の本流竿でも竿抜けになるだろう流れに友人が製作してくれたミノーを結びミスの無いようにキャスト。

補足させて頂くとこのミノーは自身の釣り方に合わせて動きの異なる物を2種類製作して頂いた内のスローでウオッブリングし易いモデルを選択しました。利根川ではこれのウエイト増しモデルが好調だったことを付け加えておきます。ただし、ミノーの性能と言うよりも流し方の方が重要とは思います。もっとも、流れの中でバランスが崩れないミノーを製作することが難しい事だとは承知しています。

喰い波にシンクロさせつつ底石に軽く触れた後にジャークともトウイッチとも言えないスローで自然なアクションを加えながらドリフトするとかけ上がりの大きな沈み石の頭で強烈なバイト。ロングロッドの利点を生かし手前の流心をかわしつつ無事ランディングしたのは正しく『鬼』と言える色付いてもなおパーマークがハッキリと残る雄の大ヤマメでした。

今シーズンの地元利根川では辛うじてサクラマス(利根鱒)1本、戻りヤマメ1本、本流尺ヤマメ4匹、大イワナ2本、尺イワナ数匹を釣りそこそこのシーズンでした。しかし、9月上旬に婚姻色に染まった利根鱒をバラシ凹んでいた心が、遠征先での鬼ヤマメとの素晴らしい出会いで晴れました。来シーズンはどんな魚達との出会いがあるのか今から楽しみです。

Img_6294lr_resize
 
Imgp0077_resize
 
Rayz Spectra RZS82M & STELLA C3000

Img_6273lr_resize

2018年9月18日 (火)

8月下旬から群馬県禁漁までのまとめ

9月3日に上流部で最初で最後の利根鱒のヒットをバラシ、9月17日には中禅寺湖最終釣行でボーズを喰らい、9月18日の利根川最終釣行はチビヤマメに終わりました。何だか尻すぼみなシーズン後半となりました。

40140047_1072003139634363_80769021040748083_1075943845906959_45222104040517740_1074421349392542_89248421440133615_1072002826301061_32475612742100933_1084761205025223_477320145 
 
41951416_1084743375027006_267735141

2018年8月20日 (月)

一ヵ月ぶりの利根川本流で

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

一ヵ月ぶりの利根川本流で日が昇ってからの3時間勝負。お盆休み明けのシブい中で尺山女魚に逢えてラッキーでした。ここ一ヶ月で夏ヤマメから秋山女魚へと装いも変化してきました。


39777204_1064993163668694_369605561
 
39605613_1064993367002007_482224054

2018年6月 5日 (火)

初めて大鳥ダムへ

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

6月5日、火曜日。初めて大鳥ダムへこれまた初使用のRayz Spectra RZS82Mと共に行って来ました。この日は送迎車に乗り合わせたベテラン勢も苦戦を強いられボーズの方も居る状況でしたが何とかイワナを釣る事が出来ました。次回はバッドが限界まで曲がる大イワナを釣りたいですね。

 
Imgp0012_resize
 
34467323_987948241373187_4986385820 
34421592_987948198039858_7800170465

2018年5月28日 (月)

蝉時雨の奥日光中禅寺湖

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

5月28日、月曜日。一ヶ月半ぶりに蝉時雨の奥日光中禅寺湖へ。思いのほか厳しくて最大42cmのレイクトラウト4匹(ミノー3匹、スプーン1匹)。おまけに蝉ルアーで大型を掛けるも10秒ファイトですっぽ抜け!どうやら先週の奥利根からバラシ癖がついてしまったようです

 
33689790_983473291820682_7903113778 
33831983_983473395154005_2353027936

2018年5月21日 (月)

奥利根湖(八木沢ダム)

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

先週に続き奥利根湖(八木沢ダム)へ。今回は45cmと41cmを含む数匹のイワナ達が釣れました。予想外の大イワナにネットインを失敗してバラシたのが悔やまれますが、それはまたサクラマスを含めての次回の楽しみとします。
Imgp0001_resize
奥利根湖は 門限があるので朝マズメや夕マズメに釣りをすることが出来ません。
Imgp0079_resize
景色は最高です
33149386_979815035519841_4978516155
45㎝イワナ。
Imgp0043_resize
推定50UPをバラシたポイント(T.T)
Img_3711
日本の野生!
33103720_980711148763563_7276985887
完璧な尾鰭!
Imgp0073_resize
秋にも訪れたい滝。
33117521_979815128853165_2045986978
41㎝痩せてました。
33326914_979854018849276_6860727011
雪渓です。
33032523_979815138853164_5139106765
綺麗なイワナたちでした!
 

2018年5月15日 (火)

5月

利根川本流。5月に入ってからは休日と好条件日が重ならずニゴイのみです。気晴らしで奥利根に行って来ましたがそこでもウグイのみでした。

 

Img_e3383_resize 

Img_3408_resize 

Imgp0074_resize




2018年4月30日 (月)

利根川本流『戻りヤマメ』

にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

戻りヤマメ32cm。激混みの利根大堰を避けて地元近くの利根川本流にて。サクラマス(利根鱒)に比べると小さいですが、剥げ落ちる銀鱗の下にパーマークが残る美しい魚です。魚影が薄く釣り難い利根川ですが様々なタイプの遡上系ヤマメが生息しております。3月に釣ったヒカリがある場所で引き返し遡上してきたものと推測します(あくまで私の考えです)

 
31490749_968455056655839_8133924470
 
31576787_968455036655841_7788076047 
Imgp0047
 
Imgp0058  
Imgp0071_resize
 
 

より以前の記事一覧