« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

神流川オフシーズンニジマス釣り場


にほんブログ村

神流川オフシーズンニジマス釣り場(C&R)3年越しで漸くスタンプが10点たまりました。今回は放流から2週間が経ち一段とスレてバラシや落葉の流下が多く、辛うじて1ダースの今期3回目にして最低の釣果でしたが、魚も水に馴染み瀬や落ち込み等で好きな釣りが出来ました。次回は10点で1回のサービスで無料ですが、それは落葉の流下が落ち着く頃に行使の予定です。それまで暫く休竿かな?
 
45062847_1107109436123733_175064254
 
44942795_1107109472790396_549250377

2018年10月22日 (月)

神流川オフシーズンニジマス釣り場


にほんブログ村
44500803_1103064956528181_428701352
 
先週に見つけた大物ハコスチを狙いに神流川オフシーズンニジマス釣り場(C&R)へとリベンジに行って来ました。出遅れたので目当てのポイントが空くのを待っていたら午後になってしまいました。
 
先ずは慌てずに流心に張り付いてる大物ハコスチ(推定65㎝~)の動きを観察してから、あの手この手で粘りに粘って何とか口を使わせましたが5分ぐらいで痛恨のフックアウトでバラシ!また、大物に時間をとられたため釣果も15匹と伸びず。
 
因みに、初回の放流魚達は水に馴染んで散った様でプールだけではなく一寸した瀬や落ち込みなどでも釣れるようになりました。 こういう場所の魚はスレてなくて正確なキャストと流し方が必要ですが比較的簡単に喰ってくれます。
 
先週は何匹釣れたのか正確にカウントしなかったので今週は全ての魚の写真を撮って記録しましたが3匹はキャッチしたものの撮影前に逃走されました(笑)私のネィテイブでの釣果を見て頂ければ嘘偽りはないと信じて頂けると思いますけど。結構苦戦されてる方も多い様ですので念のため…(^-^;

2018年10月15日 (月)

神流川オフシーズンニジマス釣り場


にほんブログ村
44088280_1099086960259314_887331346
 
オープン3日目の神流川オフシーズンニジマス釣り場で先日購入したロッドを入魂してきました。今年の放流魚はサイズよりも数を優先したようでネットの内径50cmを越えるハコスチは今回は釣れませんでした。
 
ただし、放流魚は全てハコスチだそうで40cm前後でもその強い引きを存分に楽しむことが出来ました。数は20匹前後釣れましたが今年はスチールっぽい銀色のタイプが多かったです。
 
まだまだ魚も散らばっておらずポイントに偏りがあり意外と苦戦しましたが、今週には300kg追加放流するそうなので大物や数釣りは今後に期待です。
 
44118503_1099086933592650_601739448色の濃いタイプ。箱島系?
 
44065338_1099086953592648_464019015スチールっぽい銀色のタイプ
 

2018年10月 8日 (月)

小川サケ有効利用調査

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

Img_6347_resize 
10月8日。調査が始まって3日目の小川サケ有効利用調査に参加してきました。調査結果は私が雌4尾で最大75㎝。父が雄2尾/雌2尾で最大78㎝でした。小川の調査規則はキープが雄3尾で雌は漁協に提出でありC&Rは禁止なので、捌くのが面倒な私としては雄が釣れなくて良かった様な残念な様な複雑な気分でした😅
 43274534_1095266970641313_365058048
 
なお、調査員全員(12人)の公式調査結果は雄10尾雌11尾の計21尾で、初日の3尾や2日目の4尾に比べれば多いですが、全体的に遡上が少なく釣果はポイントによりばらつきがありました。最後に、監視員さんや他の調査員さん、そして見学に来て下さった方達との談笑もあり有意義で楽しい調査でした😁
 
Imgp0010_resize
 
ファーストヒットはアンサー20g、HRP(シルバーベース)。でも、実はアンサー20g、A3(シルバーベース)ピンクのサーモンリグを付けたものが好調でした。
 
Imgp0016_resize
 
75㎝の雌。雌は監視員さんが直ぐに取りに来るので撮影してる暇が殆ど有りませんでした。
 
Imgp0028_resize  
今日一別嬪さん!
 
Imgp0032_resize 
この1尾だけ監視員さんが帰った後だったのでリリースしました(監視員さんの了承済みです)
 
Imgp0013_resize
 
Imgp0024_resize
 
親父の釣った雄。
 
Imgp0005_resize 
この支流の流れ込み下からが釣り場です。上流に見えるのは簗です。
 
Imgp0004_resize 
流れが有るが単調でフラットな流れ。鮭はらず一気に通過する模様です。
 
Imgp0002_resize 
下流に見える三角テトラから河口までの間にサケが溜まりやすい様です。当日は高波で河口から50m位が危険として閉鎖になり午後2時より上流の簗まで調査区間が延長されました。

2018年10月 2日 (火)

野反湖

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

42913848_1092101130957897_807936395

 

台風一過の晴天に朝焼けに染まる富士山を狙いに野反峠へと撮影に行って来ました。この峠に立つと釣り師なら誰しも野反湖に目を奪われてしまい、登り詰めてきた峠道を振り返えると富士山が見えるのをご存知の方は少ないでしょう。この日は好条件に恵まれ無事に撮影出来ました。ここから富士山までは直線距離で150kmもあり晴天率も低く虹鱒を釣るよりも富士山を見る事の方が難しいかもしれません。

 Img_6286_resize

 

もちろん富士山の撮影が終わってからブールバックレインボーを狙い野反湖へ。釣りには台風の影響で濁りが入り吹き返しの風もある悪条件でしたか近年放流されるようになったハコスチが釣れました。それにしてもC&R解除以来ブルーバックレインボーは私でも行けるような気楽なポイントでは年々釣れなくなり今年は稚魚も見掛けなくなりました。また、魚を持ち帰る方も多くなりハコスチ等も放流後数日で殆ど釣り切られてしまい定着しないようです。

 Img_6317lr_resize

 

当日に入ったポイントからは見える範囲に8人程の釣り師が居ましたが、私以外で竿が絞られている方を見る事がありませんでした。ルアー&フライはともかくとしてブッコミの餌師でも釣れないとなると悪条件を差し引いても放流魚の残りが少ないと考えられます。聞いた範囲では残った放流魚もスレてルアーへのアタリもショートバイトでバラシた方が多い様でした。

 

Imgp0020_resize

 

愚痴が多くなりましたが野反湖の素晴らしいロケーションの中でブルーバックには会えずともハコスチが釣れただけで今回はラッキーでした。もう少し水が落ち着けば紅葉の中で良い釣りが出来るかもしれません。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »