« 長良川サツキマス遠征 | トップページ | 七夕 »

2015年6月22日 (月)

数釣りの楽しさを再認識した日

Imgp5550p2_resize_2

  日頃釣れない魚ばかり狙ってると数釣りしたいと思う事が時々あります。サクラマスをルアーで狙っていると上流域ではたまにはヤマメが釣れたりもします。下流域はコイ科の数釣りが出来ますがそれは別ジャンルです(笑)

  この日に入ったのは利根川本流の上流域。渓相は大減水によって正にヤマメ釣り場と化しておりました。ただし、減水から数日経過しており大物含め多くの魚が前日までに抜かれ、超渇水とハイプレッシャーで一級ポイントに残るであろう本命は私には為す術がありませんでした。

  そこでルアーサイズを落として竿抜けポイントを狙いヤマメ達と遊ぶことにしました。日中にも係らず面白いように釣れるので本命を忘れて暫く数釣りを楽しみました。サイズはともかく良いタイミングに入渓し魚が居れば利根川でも数釣りが出来る事を再認識した日でした。

  このブログで以前に書いた「100尾の八寸ヤマメより1尾の尺ヤマメ」、「10尾の尺ヤマメより1尾の40ヤマメ」、「10尾の40ヤマメより1尾のサクラマス」に反する記事内容ですが数釣りを否定した訳ではありません。

 カッコつけて数釣りと表現しましたが実のところは狙って釣ったのは10匹程度で、残りは本命狙いの外道で掛かってしまったヤマメ達でした(^^;どちらにせよ活性の高い良い条件の日でしたが本命が釣れなかったのは私が下手糞なだけです(笑)

 因みに、帰り際に寄った某堰堤では泥濁りの中でもピンポイントの餌釣りでは釣れてました。また堰堤を越えようとしている姿も短い時間で10尾程度確認出来ました。この堰堤…魚道を右岸にも設置する等の改良をして遡上する魚を増やして欲しいものです!

 そう言えばこの日は先月の長良川遠征でお会いした岐阜の釣り師に偶然に会いました。遡上魚狙いは面白い偶然も生みますね。しかも、マイナーなポイントなのに(笑)

Imgp5568_resize_2

今回の最大サイズは26cmでした

Imgp5600_resize1_2

アベレージサイズ

Imgp5603_resize_2

楽しい思い出を有難うチビヤマメ達!大きくなったらまた会おう(^^)/
--------------------------------------------------------------
※他人が釣ったサクラマスです。帰り際に寄った泥濁りの某堰堤にて。
堰堤見ていた間に跳ねたのはこのサイズが一番多かったです。
Imgp5635_2
あぁ!やっぱりこれが釣りたいですよね~

チェック

« 長良川サツキマス遠征 | トップページ | 七夕 »

ヤマメ・サクラマス」カテゴリの記事

利根川」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事